『ガラスの家』あらすじ ネタバレ

Memoroca

『ガラスの家(硝子の家)』最終回までのネタバレ・あらすじ・結末

ガラスの家

タイトルドラマ10「ガラスの家」
初回 / 最終回2013年9月3日 / 10月29日(全9回)
放送局 / 時間NHK総合 / 火曜日 22:00 再放送あり
制作・著作NHK
制作統括屋敷陽太郎
原作・脚本大石静
演出渡邊良雄 ほか
音楽都倉俊一
主題歌西野カナ「さよなら」
ロケ地神奈川県横浜市、埼玉県、東京都多摩市、東京都武蔵野市

「ガラスの家」最終回までのあらすじ・ネタバレ・結末

9月 / 1話・2話・3話・4話
10月 / 5話・6話・7話・8話・9話(最終回)

第1話「美しき魔物」
ガラスの家のはじまり

 澁澤仁志(斎藤工)は、父の澁澤一成(藤本隆宏)、弟の澁澤憲司(永山絢斗)と3人暮らし。
 母の美由紀は23年前、フランスの旅客機墜落事故に巻き込まれ、悲運の死を遂げた。それ以来、父は男手一つで兄弟を育てあげた。
 仁志は財務省の主計局長である父を尊敬し、東京大学を卒業後、財務省の官僚になる夢を叶えた。弟の憲司は法科大学院を卒業し、司法試験を浪人中の身である。
 ある日、兄弟は一成から「会わせたい人がいる」とレストランのディナーに招待され、玉木黎(井川遥)という女性を紹介される。一成は彼女と交際しているのだという。

新しい家族

 一成が黎と初めて出会ったのは、一年前、旅客機墜落事故が発生したフランスのケルト海を一望できる岬だった。実は黎も墜落事故の遺族であり、14歳の時にあの事故で両親を亡くしたのだった。事故からちょうど22年目のその日、フランスを訪れた時に2人は出会ったのだという。
 2人は日本に帰国してから連絡を取り合うようになり、やがて一成は黎のアパートを訪ねるようになった。黎は学歴も取り柄もない自分は彼には釣り合わないと思いながらも、一緒にいたいと思うようになった。そして今日に至ったと話す。仁志は仕事熱心な父にもう一つの日常があったことに驚く。
「この人と結婚してもいいだろうか。この人を我が家に迎えてくれるか?」
 一成の問いかけに兄弟は頷く。それからほどなくして、黎が澁澤家の新しい家族となる。23年間、男所帯だった澁澤家の表札に「澁澤黎」という新しい名が加わった。

仁志の交際相手

 この結婚を知り、仁志の交際相手・後藤菜々美(梅舟惟永)が澁澤家に押しかけてくる。菜々美は「右耳が歌う時」という著書で芥川賞を受賞した作家。だが、それ以降はヒット作に恵まれず、最近では「作家をやめて子持ちの専業主婦になりたい」と仁志へのプロポーズを繰り返している。
 お調子者のように振る舞う菜々美だったが、作家という職業柄、何か作品のネタはないかと好奇心旺盛に常に目を光らせている。
 帰りの車中、菜々美は仁志に対し、黎について「怖い」という感想を漏らす。この結婚のウラに何か企みがあるように感じる、と。そして、「男には解らないかもしれないけど、彼女には強い磁石みたいな力がある」と言う。仁志は「強い磁石みたいな力がある」という点には共感を示す。

仁志と黎

 仁志は黎を一目見たときから「どこかで会ったことがあるような気がする」と感じていたが、ようやくその理由がわかる。
 数ヶ月前、仁志がアパレルショップに部屋着を買いに行った時のこと。仁志が希望のスウェットを買えず、購入をあきらめかけていたところ、それを買おうとしていた黎が話しかけてきて譲ってもらったのだ。黎もその出来事を覚えており、2人は急速に打ち解ける。
 黎は「自分のような存在を兄弟が受け入れてくれるか」と不安に思っていたと本音を漏らす。仁志はそんな黎の不安を察して、気兼ねなく過ごしてもらえるようにと心からの笑顔を見せる。
 だがその一方で、仁志はふとした時に、新しい家族となった黎を「一人の女性」として意識する瞬間があるのだった。
 例えば、彼女の香水の残り香に気付いた時や、髪を束ねたときの透き通るような首筋を目にした時、洋服がたわんで胸元が見えた時などである。
 一成はそういった変化を直感し、仁志と黎を意識的に遠ざけようとする。

父の変化

 ある日の夜、帰宅中の仁志がたまたま出会った黎と一緒に歩いているところを、一成が目撃してしまう。この数日間、様々な疑惑の材料から、仁志と黎に男女の感情があるのではないかと訝しく思っていた一成は、和やかな空気を一変させ「夜遅くに出歩かない方がいい」と黎を叱りつける。
 さらに、仕事の面でも、親子の関係はこじれてしまう。仁志が野党「日本改革党」の党首である村木陽介(片岡愛之助)に傾倒する一方で、一成は公務員制度改革を推進する村木の存在を目障りに思っているのである。一成は「村木に洗脳されるな」と仁志に忠告する。
(ガラスの家 第1話「美しき魔物」の結末まで~あらすじ・ネタバレ~/上記にないキャスト:栗山壮一郎(国広富之)佐野誠也(小野了)柳原浩和(阪田マサノブ)宮川裕孝(天野義久)井本直樹(吉田ウーロン太)小宮香織(新澤泉)その他のキャスト(阿由葉朱凌、大山蓮斗、平良千春、本田ひろくに、香椎凛、大林奈津子、河村美帆))

※無断転載を禁じます。
スポンサード リンク

ガラスの家