映画 『バブルへGO』 感想 あらすじ

Memoroca

バブルへGO!!

タイトル「バブルへGO!!~タイムマシンはドラム式~」
配給東宝
製作著作フジテレビジョン、電通、東宝、小学館
公開2007年2月
製作亀山千広
プロデュース宮澤徹、種田義彦、和田倉和利、蔵本憲昭、仁科昌平
監督馬場康夫
原作ホイチョイ・プロダクションズ
脚本君塚良一
音楽本間勇輔
主題歌加藤ミリヤ「Eyes on you」

バブルへGO!! [バブルへゴー!!] あらすじ

 2007年、人類の希望のマシン「洗濯機型タイムマシン」が完成。ひそかに財務省で「バブル崩壊」を止めるために1990年の日本にタイムスリップしようというとんでもない計画が発案されます。しかし、マシンの開発者・田中真理子(薬師丸ひろ子)がタイムスリップした1990年の日本で行方不明になってしまいます。
 一方、真理子の一人娘・田中真弓(広末涼子)は借金返済に困っているフリーター。ある日、真弓は財務省の役人・下川路功(阿部寛)と出会います。下川路はタイムマシンで「バブル崩壊」を食い止めるという奇想天外な計画の発案者。体重制限のある「洗濯機型タイムマシン」に乗ってくれる人間をさがしている最中でした。下川路に頼まれ、ひょんなことから体重の軽い真弓は1990年に失踪した母・真理子(薬師丸ひろ子)を捜しにタイムマシンに乗ることになります。
 水泳着に着替え、狭苦しい洗濯機に乗り込む真弓。スイッチオンで無事に1990年の日本にタイムスリップし、若かりし時の下川路や、現代では落ちぶれているものの当時は銀行員だった田島圭一(劇団ひとり)などと出会います。
 そして、思いがけないことに真弓は1990年の下川路と良いムードに。さらに行方不明の真理子をようやく発見するも、バブルに絡んだある計画を実行しようとする恐ろしい組織とのトラブルに巻き込まれてしまいます。大混乱の中、真弓は現代から持ってきた秘密兵器・携帯電話を駆使して奴らの悪事を暴こうとするのですが……。
(バブルへGO!! 終盤まで要約)

*文章の無断転載を禁じます。

バブルへGO!! [バブルへゴー!!] キャスト(出演者)

キャスト


阿部寛下川路功
広末涼子田中真弓


吹石一恵宮崎薫
伊藤裕子高橋裕子
劇団ひとり田島圭一
小木茂光菅井拓郎
森口博子玉枝


ラモス瑠偉(特別出演)ラモス瑠偉
飯島愛飯島愛
八木亜希子八木亜希子
飯島直子飯島直子


露木茂露木茂
松山香織松山香織
鷲尾いさ子鷲尾いさ子
今井美樹今井美樹
小野ヤスシ小野ヤスシ


伊武雅刀芹沢良道
薬師丸ひろ子田中真理子

バブルへGO!!