映画 『どろろ』 続編 あらすじ

Memoroca

どろろ

タイトル「どろろ DORORO」
映画配給東宝
公開2007年1月
製作「どろろ」製作委員会
プロデュース平野隆
監督塩田明彦、チン・シウトン(アクション担当)
原作手塚治虫「どろろ」
脚本NAKA雅MURA、塩田明彦
音楽安川午朗、福岡ユタカ
主題歌Mr.Children「フェイク」

どろろ あらすじ

 両親の仇討ちの旅をする「どろろ」と、自分の身体を再生させるために魔物を倒す旅をする「百鬼丸」の物語。
 過去であるか未来であるかわからない年齢不詳の荒廃した世界。
 どろろ(柴咲コウ)は男装をして盗みを働きながら、両親の仇討ちの旅を続けていた。そんなある日、砂漠の街でどろろは百鬼丸(妻夫木聡)という男と出会う。
 その時だった。魔物が突如出現。だが、百鬼丸はひるむことなく、左手に備わった妖剣で魔物をいとも簡単に倒してみせる。すると、なんと、ひざから新しい足が生えてきて……。
 じつは百鬼丸の身体にはある秘密がある。父・醍醐景光(中井貴一)が強大な力を手にするために、わが子である百鬼丸の四肢や目耳鼻口など身体のあらゆる部分を48体の魔物に捧げてしまったのである。百鬼丸はすべてを失い、まるで泥のかたまりのような姿で生まれてきたのだった。
 そして、現在、百鬼丸が生きられるのは医師・寿海(原田芳雄)が作り物の身体を授けてくれたおかげだった。百鬼丸は本当の身体を取り戻すために、48体の魔物を追い求めているのだが……。
 こうして、どろろは百鬼丸と旅をともにすることになる。果たして二人はそれぞれの目的を成し遂げることができるのか。

*文章の無断転載を禁じます。

どろろ キャスト(出演者)

キャスト


妻夫木聡百鬼丸
柴咲コウどろろ
瑛太多宝丸
杉本哲太鯖目
麻生久美子お自夜
土屋アンナ鯖目の奥方
劇団ひとりチンピラ
寺門ジモン飯屋の親父
きたろう占い師
原田美枝子百合
中村嘉葎雄琵琶法師
原田芳雄寿海
中井貴一醍醐景光

どろろ