映画 『手紙』 あらすじ

Memoroca

手紙

タイトル「手紙」
映画配給ギャガ・コミュニケーションズ
公開2006年11月
製作2006「手紙」製作委員会
監督生野滋朗
原作東野圭吾「手紙」
脚本安倍照雄、清水友佳子
音楽佐藤直紀
主題歌高橋 瞳「コ・モ・レ・ビ」
挿入歌小田和正「言葉にできない」

手紙 あらすじ

 武島直貴(山田孝之)は幼い頃から兄・剛志(玉山鉄二)とふたりきりで生きてきました。
 しかし、剛志はいま刑務所の中にいます。直貴の大学進学の費用を得るために盗みに入った邸宅で、誤って人の命を奪ってしまったからです。
 こうして「犯罪者の弟」となった直貴の、差別と偏見に満ちた生活が始まりました。そんな直貴のもとに、今日もまた剛志から一通の手紙が届きます。すべては自分のためを思ってやった犯罪でしたが、剛志から送られる手紙はもはや直貴の心を酷くかきむしるだけのものでしかありません。剛志があんな大罪に手を染めなければ、何も失うものはなかったのにと、過去に思いを巡らす毎日……。
 が、そんな日常に自暴自棄になりかけた直貴の心は、勤務先の従業員・由美子(沢尻エリカ)とのふれあいで少しずつ変わり始めていきます。
 この映画「手紙」では、現実と向き合う覚悟を決める直貴を軸として周囲の人々の心の変化を描きます。

*文章の無断転載を禁じます。

手紙 キャスト(出演者)

キャスト


山田孝之武島直貴
沢尻エリカ白石由美子
玉山鉄二武島剛志
吹石一恵中条朝美
田中要次倉田
吹越満緒方忠夫
尾上寛之寺尾祐輔
風間杜夫中条
杉浦直樹平野

手紙