『花子とアン』あらすじ ネタバレ

Memoroca

『花子とアン』あらすじ ネタバレ

花子とアン

タイトルNHK 連続テレビ小説(90作目)「花子とアン」
初回 / 最終回2014年3月31日 / 2014年9月27日(全26週・全156回)
放送局 / 時間NHK総合 / 月曜日~土曜日 8:00 ほか・再放送あり
制作統括加賀田透
プロデューサー須崎岳
演出柳川強、松浦善之助、安達もじり
原案村岡恵理「アンのゆりかご 村岡花子の生涯」(原作ではない)
脚本中園ミホ
音楽梶浦由記
主題歌絢香「にじいろ」
語り美輪明宏
ロケ地山梨県甲府市、韮崎市、カナダ

『花子とアン』最終回までのあらすじ・ネタバレ・結末

花子とアン・原案 全体のあらすじ・ストーリー

 花子とアンの原案作品・村岡恵理「アンのゆりかご 村岡花子の生涯」より。

 1893年6月21日、安中花子は山梨県甲府市で誕生した。
 本名は、安中はな。「安中花子」というのは、のちに自身に付けたペンネームで、公私ともに花子を名乗るようになり、結婚して姓が変わると「村岡花子」として知られるようになった。父・安中逸平がクリスチャンだったことから、花子も2歳の頃にキリスト教の洗礼を受けた。
 1903年の春、9歳の花子は東京のカナダ系メソジスト派のミッション・スクール「東洋英和女学校」に編入学し、寄宿舎で生活を始める。東洋英和女学校は華族の子供たちが多く通っている名門の女学校である。「華族の娘に負けるな」、父は花子を見送るときにこう言った。のちに翻訳家となる花子だったが、入学当時はアルファベットの読み方すらも知らなかった。
 女学生時代は、校長先生のミス・ブラックモアの着任、生涯の友となる華族の柳原あき子、歌人・片山廣子らとの出会いがあった。
※「柳原あき子」の「あき」は機種依存全角文字なので平仮名表記としています。

 花子は片山廣子の本棚にあった近代文学の原書を借りて帰っては読みふけるようになる。花子は森鴎外が翻訳した「即興詩人」(アンデルセン作)の翻訳の妙に感動し、上質な家庭文学の翻訳こそが将来の日本に必要ではないかと思うようになる。
 1913年、花子は東洋英和女学校を卒業。この頃、親友のあき子とは仲違いを起こして疎遠になっていたが、和解。あき子は歌人・柳原白蓮として名を馳せた。また、花子はのちに外交官となる澤田廉三と交際するが、1916年に破局した。
 1914年、第一次世界大戦が勃発する。花子はこの年から1919年まで、山梨県甲府市の「山梨英和女学校」で英語教師として勤務していた。
 1919年、花子は東京の日本基督教興文協会(のちの教文館)の編集者になる。そんな花子を運命の出会いが待っていた。花子が翻訳した「モーゼが修学せし國」の印刷にあたった福音印刷、その後継者・村岡敬三と恋に落ちたのだ。その年に結婚、翌年には第一子・村岡道雄が誕生した。
※「村岡敬三」の「敬」の漢字は正しくは「イ」(人偏)に「敬」。

 1923年9月1日、関東大震災が発生する。この震災の影響で、福音印刷は倒産。敬三の肉親も犠牲となった。
 1926年、夫婦は再興の第一歩として「青蘭社書房」という出版社及び印刷所を創立。喜びに湧くが、同年、花子と敬三のひとり息子・道雄が急死する。流行していた疫痢による病死だった。
 花子は失意の底に落ちるが、ここで転機が。片山廣子が紹介してくれた「ザ・プリンス・アンド・ザ・ポーパー」(マーク・トウェイン作)を翻訳、「王子と乞食」というタイトルで刊行したことから、翻訳家の道へ。花子は婦人参政権獲得運動にも力を入れ、また、ラジオ番組「子供の時間」にレギュラー出演するなどして人気を博した。
 1945年、第二次世界大戦が終戦。1952年、花子が戦時中、必死の思いで翻訳作業にとりかかっていた「アン・オブ・グリン・ゲイブルズ」(ルーシー・モード・モンゴメリ作)が「赤毛のアン」として刊行される。赤毛のアンはベストセラーになり、多くの人々に親しまれる。
 1968年、花子は脳血栓により倒れ、永眠。75年の生涯だった。
 花子とアン・原案を少し詳しく

※無断転載を禁じます。
花子とアンのはじまり

3月 / 1週
4月 / 2週・3週・4週・5週
5月 / 6週・7週・8週・9週
6月 / 10週・11週・12週・13週・14週
7月 / 15週・16週・17週・18週
8月 / 19週・20週・21週・22週
9月 / 23週・24週・25週・26週(最終週・最終回)

 1945年(昭和20年)4月15日、東京の空をB29が飛来し、大田区の大森の街も爆撃を受けた。
 戦火の中、命よりも大切なある一冊の洋書を抱え、避難する女性がいた。
 これは、この主人公・村岡花子が「赤毛のアン」と出会い、日本中の人々に夢と勇気を送り届けるまでを描いた物語である。

 1900年(明治33年)、山梨県・甲府。
 貧しい農家に生まれた安東はな(山田望叶)は、幼い頃から家事や子守の手伝いをしていた。
 経済的事情から尋常小学校にも通えず、悪ガキたちはそんな彼女を見ては、しばしば悪口を浴びせたが、はなはまったく動じなかった。
 ある日、行商人の父・安東吉平(伊原剛志)が久しぶりに家に帰ってくる。吉平は甲府特産の生糸を東京に売りに行き、代わりに日用品を買い付けて甲府で売る行商の仕事をしていた。
 はなは吉平から「おやゆび姫」の本をプレゼントされる。はなは大喜び。
 識字ができないはなのために、吉平ははなを尋常小学校に入学させることを決める。木場朝市(里村洋)と同じ学級になり、小さな誤解から喧嘩してしまうが、仲直りする。
 一方、吉平と本多先生(マキタスポーツ)の間で一悶着あり、吉平は「あんな田舎教師に任せられん」と憤慨する。
 吉平ははなを厳しい英語教育で知られる東京のミッションスクール・修和女学校に編入させようと考える。
 そんな中、地主の徳丸甚之介(カンニング竹山)が小作料を上げると言い出し、一帯の農家に激震が走る。
 安東家の家計は火の車で、母・安東ふじ(室井滋)ははなの東京行きに猛反対している様子。両親の口論を聞いてしまったはなは、学校に行きたい本音を隠して「東京の学校なんてちっとも行きたくねえ」と言い出す。
 兄・安東吉太郎(山崎竜太郎)が家計を楽にするために徳丸家の奉公に出た頃、はなが独学で日本語の読み書きを習得していたことがわかり、吉平は「神童だ」とはなを褒める。
 はなを修和女学校に編入させたい吉平は、森牧師(山崎一)に協力を頼んでみるも、まだ森牧師の心を動かすには至らなかった。
 3年の月日が流れた1903年(明治36年)、奉公を終えた吉太郎が逞しくなって帰ってくる。
 母・ふじははなの熱意に心を打たれ、はなの東京行きに理解を示すように。反対していた祖父・安東周造(石橋蓮司)を説得してくれる。
 こうして、10歳のはなは東京の修和女学校に編入することになった。
 家族、小学校の同級生たち、本多先生との別れ。
 はなは吉平に連れられ、故郷を旅立った。

修和女学校の人々

 はなは甲府から上京し、優れた英語教育で有名なミッションスクールの修和女学校に編入。
 生徒の多くは、華族や富豪といった特権階級の令嬢たちばかりだが、はなは学費免除の給費生として幸運にも入学が許可された。
 寄宿舎で生活することになったはなは、寮母の茂木のり子(浅田美代子)や友人となる醍醐亜矢子(茂内麻結)と出会う。
 日常会話が英語のため、英会話ができなければ話にならない。亜矢子は英語を難なく使うが、はなは理解できず戸惑う。図書室に本がたくさんあるのを見つけるも、洋書ばかりで到底理解できない。
 ところで、毎夕の食事は礼拝堂で全生徒合同で行われる。しかし、言語矯正会の会長役・白鳥かをる子(近藤春菜)がマナー違反をしないかと常に目を光らせており、安らげる時間もない。おまけに、この白鳥という教育係は寄宿舎でも同室で寝泊まりするときたから運がない。
 そんな中、実家から届けられた手紙を読んだはなは家族の愛情を思い出し、ホームシックになってしまう。英語の勉強など上の空で、空を見上げては甲府まで飛んで帰りたいと空想するのだった。
 はながアルファベットをようやく覚えた頃、英語教師の富山タキ(ともさかりえ)の提案で、厳格な校長・ブラックバーン(トーディ・クラーク)に英語で手紙を書くことになった。
 その時、はなはズルをして、スコット先生(ハンナ・グレース)の外国の恋人との手紙を彼女のゴミ箱から発見し、それを丸写しにして提出してしまう。給費生は落第すれば即退学が待っており、それを避けるための苦肉の策だった。
 はなの不正は程なく、英語教師の富山に知られてしまう。
 ただでさえ学力が劣っているのに、この愚行。はなは退学を覚悟するが、「スコット先生にはどうしても謝りたい」という。
 そんなはなにブラックバーンは告げる。
「ここにいたければ、英語を学びなさい。そうすれば、あなたは強くなれます」
 その言葉を聞いたはなは謝罪のための英語を一心不乱に猛勉強し、数日後、スコット先生に謝りにいく。はなの英語はスコット先生に通じ、スコット先生ははなを許すと「ありがとう」と微笑む。
 はなは初めて英語が通じたことに自信を覚え、それから修和女学校で英語漬けの日々を送る。
 それから5年後、15歳になった安東はな(吉高由里子)は修和女学校の本科に進み、英語が大好きな女学生になっていた。

※無断転載を禁じます。
スポンサード リンク

NHK連続テレビ小説 花子とアン